キレイモの脱毛部位をチェック!

キレイモでは、『全身脱毛33か所』といってますね。

 

それでは、その脱毛する部位を挙げてみましょう。

 

キレイモイの脱毛部位

  • おでこ
  • 鼻下
  • あご
  • あご下
  • 両ほほ
  • もみあげ

実は、脱毛サロンで、顔脱毛をここまで脱毛してもらえるところって、キレイモだけなんですよ。

 

あと、このイラストって、私はなんか親しみやすく感じますね〜
ホント、策士ですよ、キレイモさんは!(☆ω☆)

 

上半身

キレイモイの脱毛部位

  • 乳輪周り
  • へそ
  • うなじ
  • 背中上
  • 背中下
  • 両ワキ
  • 両ひじ上
  • 両ひじ
  • 両ひじ下
  • 手の甲
  • 手の指

イラストには、脱毛箇所に色付けされていないんですが、首からへそまでの部位は、全部脱毛できる様になってます。

 

下半身

キレイモイの脱毛部位

  • Vライン上
  • Vライン
  • Vラインサイド
  • Iライン
  • Oライン
  • お尻
  • 両ひざ上
  • 両ひざ
  • 両ひざ下
  • 足の甲
  • 足の指

下半身の方も、腰から下までの部位を、全部脱毛できますよ。

 

キレイモと脱毛ラボで脱毛部位を比べてみた

全身脱毛ができて、月額で通える『脱毛ラボ』は、キレイモと比較しやすい競合他社です。
キレイモと脱毛ラボとで、脱毛部位を比べてみましょう。

 

とりあえず、こちらが脱毛ラボの脱毛部位になります。
※脱毛ラボで脱毛できる部位
キレイモイの脱毛部位

 

※キレイモで脱毛できる部位
キレイモイの脱毛部位

 

一見、キレイモとの違いはわかりにくいですよね。

 

それに、脱毛ラボは、『48か所』と書いてあるので、「キレイモよりも脱毛してもらえるじゃん!」と思うちゃうんですけど、それが落とし穴になっているんです。

 

実際、キレイモと脱毛ラボとで、脱毛できる部位・できない部位を表にしてみると、

部位 \ サロン名

キレイモ

脱毛ラボ

×

両ほほ

×

両ひじ

×

このようになります。

 

キレイモでは脱毛できて、脱毛ラボでは脱毛できない部位が3か所あるんですが、
脱毛ラボでは脱毛できて、キレイモでは脱毛できない部位はありません!

 

脱毛部位33か所のキレイモの方が、脱毛部位48か所の脱毛ラボより、脱毛できる範囲が広いんですね。

 

どうしてこんなことになるのかというと、脱毛部位自体、各サロンごとで決めているからなんです。

 

法律とかも関係ないので、厳しく「こうしなさい!」という指導がないんですよね。

 

ただ、事実だけを見れば、キレイモが他のサロンより、脱毛できる範囲が広いということは、確実にいえます。